今日僕は彼女にフラれた。

彼女にフラれた惨めな男が自分磨きに奮闘するブログ

失恋した男が自分磨きについて真剣に考える。

こんにちは。さくらいです。

 

昨日の記事では、僕がフラれた事実と決心について書きました。

その上で僕が何をしなければならないのかを考えると「自分磨き」に辿り着きました。

 

「でも自分磨きってなんだ...?」

 

わろた。

全く意味を考えてなくて呆然としました。

 

さーて、自分磨きするぞ!

。。。

何すればいいんだ?

 

となってしまったので、イチから考えてみることにしました。

 

そもそも自分磨きってなんだろう

f:id:Sakuraisan:20190312195910j:plain

 まずは自分磨きについてググってみました。

自分磨きとは簡単に言うと、外見や内面を磨いて、今よりもっと素敵な自分になれるように努力することです。 

出典元:タウンワークマガジン

ほー。

よーわからん。(※バカです)

 

出典元の記事を一通り読んでみて、僕なりに解釈してみました。

 

自分磨きとはつまり、個性を伸ばしたり、悪い部分を自分自身で直していくということ。

 

なるほど。 

自分磨きの概念はなんとなくわかってきました。

では僕自身に置き換えて自分磨きを考えてみようと思います。

 

僕自身の自分磨きとは

早速僕自身の自分磨きを考えてみたいと思います。 

フラれた時に言われたこと

思い出したくもない記憶ではあるのですが、僕が彼女にフラれた際に言われたことを思い出してみましょう。

きっとその言葉が僕自身では気付けない、僕の悪い部分なので。

 

フラれた際に言われたことを大きく分けると、全部で3つあります。

  1. 自信が無い
  2. プライドが無い
  3. 引っ張る力がない

。。。

はぁ。傷えぐれるなー。

 

この3つを1つずつ深掘りして考えていきたいと思います。

1.自信が無い

情けないですねぇ!!!

自信とは何かと考えると、大きく分けて「身体的な自信」と「精神的な自信」、「金銭的な自信」の3つがあると思います。

最後の金銭的な自信に関しては、仕事の結果だと思うので一旦置いておきます。

 

まず身体的な自信ですが、僕は肥満です。(突然のカミングアウト)

肥満ではあるのですが、外見では分かりづらいタイプなので、今まであまり気にしてはいませんでした。

ただ、やはり年をとればとるほど太っていくもの。

それは大学生の写真を見返すとビビるほど実感します。

 

「筋肉をつけると人生が変わる」っていうじゃないですか。

それはおそらく身体的な自信がつくからだと思うんですよね。

なので身体的な自信はダイエットや肉体改造をやっていきたいと考えています。

 

そして次の「精神的な自信」ですが、これは知識や経験から形成されていくものだと思います。

これに関しては、今後の仕事やこのブログ、YouTube等で培いながら、分野に特化した勉強をしていければと考えています。

 

なので僕の自信に関する自分磨きは、「ダイエット・肉体改造」と「勉強」になります。

2.プライドが無い

これもなんとも情けない!!!

プライドを深掘りしてみると、「信念」という部分に辿り着きました。 

信念とは、こうしたいという考えや強い意見のことだと僕は考えています。

その部分って結局、1の精神的な自信の部分から派生するものだと思いました。

(違うだろ!って思った方はコメントください)

なので僕のプライドは、自信に関する自分磨きの結果ついてくるものだと結論付けました。 

3.引っ張る力がない

これは信念(プライド)があれば自然とできるようになるのかなって思いました。

あっ。全部繋がっちゃった。

 

自分磨きとは「自信」を付けること

ひらめき



自分磨き、それは自分に対する自信を付けること。

僕の中で結論が出ました!

 

では今後僕がするべき自分磨きをまとめましょう。

 

1.身体的な自信を付ける

これはダイエットや肉体改造ですね。

今のだらけた僕の体を、自信がつくまでひたすら鍛え上げていきたいと思います。

 

2.精神的な自信を付ける

これは知識や経験を積んでいくこと、勉強ですね。

今やっている仕事やこのブログ、今後始動させるYouTubeを死ぬ気で全力で頑張ってみようと思います。

 

 今回このような形で僕の考えを文字に起こして整理してみた結果、僕の中で今後の道筋が見え、前が向けたような気がしています。

まだまだ失恋したばかりで気分は落ち着かないですが、一歩前進できました。

同じような境遇の方にとって、少しでも参考になればなと思います。

 

このブログを読んで少しでも良かったなぁって思った方は、ぜひ読者になるボタンをクリックお願いします。

またコメントもお待ちしております!

それではまた次回お会いしましょう!