今日僕は彼女にフラれた。

彼女にフラれた惨めな男が自分磨きに奮闘するブログ

時間が解決するって言うけど頼りすぎるのは危険【自分磨き】

こんにちは。さくらいです。

「人生100年時代」と言われる現代、それだけ長く生きていれば、何度も高い壁にぶち当たると思います。僕は今「失恋」という大きな壁にぶち当たっているわけですが、色んなところで言われる言葉があります。それは、

時間が解決してくれる。

という言葉です。

僕はこの言葉は正解だと思っています。ただ、盲信しすぎるのはよくない。そう思うんです。

今日は、なぜ「時間が解決する」っていう言葉を盲信しすぎてはいけないのかを、僕なりに深掘りしていきたいと思います。

失恋して気付いた時間の大切さ

砂時計が進む

過ぎた時間は戻らない

僕は失恋して、当たり前だけど当たり前過ぎて今まで意識していなかったことに気付きました。それは「過ぎた時間は戻らない」ということ。

はぁ?当たり前だろそれは。って思う人が大半だと思います。

でも、毎日決まった時間に起きて、ご飯を食べて、仕事をして、寝てって生活をしていると、なぜか「明日も同じ時間が来るんだ」っていう意識が生まれると思うんです。

同じ時間なんて一度たりとも存在しないのに。

この毎日が繰り返されていて、今できなかったことは明日にやり直せばいいっていうのは、誰もが一度は考えたことがあるのではないでしょうか。

今というこの瞬間は、一生かけても取り戻すことができないんです。でもなぜか、取り戻せそうな気がしてしまう。1秒前の自分はもう過去の自分で、同じことは絶対にできないのに。

至極当然なこの概念をしっかりと意識できている方って、結構少ない気がします。

だからこそ、今という点を意識しながら、今を無駄にしないように意識しなければならないと、結局無駄な過去が蓄積されていくだけのつまらない人生になってしまうことに気付かなくてはなりません。

僕は失恋をきっかけに、このことに気付きました。

じゃあなんで時間が解決するは危険なの?

ではなぜ時間が解決するという考え方は危険なのでしょうか。

それは、自身の考え方が今に乗っていないと、流されてしまうからです。

???

僕自身も書いているうちに少々混乱してきました。笑

つまり、何も考えていない状況で今を過ごしていても、ただ時間が過ぎているだけで、考えるべき問題や課題を忘れてしまうだけになってしまうということです。

今、どんなことを考えて実行するのか、これを突き詰めることに時間を使わないと、時間が解決した時には何も成長していない自分が未来に存在しているだけなのです。

僕の場合は失恋という壁にぶち当たりました。「フラれた」という事実に感情を振り回されているだけでは、貴重な今という時間を浪費しているだけだと気付き、自分磨きをしようと決心しました。

自分磨きに時間を使うことで、「フラれた事実」は変わらないけど前に進むことができる。「フラれた事実」を僕自身の人生にとってのプラスの要素に変換しようと思ったんです。

時間はかかるかもしれない。でも時間をかけて忘れるんじゃなくて、「フラれた事実」を受け入れた上で人生の糧にしてやろうということです。そして自分磨きにかかる時間は、きっと時間を浪費することではなく、ただ忘れるだけではないと考えています。

 

つまり、時間が解決するというのは、時間をかけて忘れるということで、忘れることは成長に繋がらないから危険だということです。

起きた事実を忘れてしまったら、同じ過ちを繰り返してしまうのが人間ですから。

今を自分のものにする。それが人生。

こぼれ落ちる

若いもんが人生わかったように語ってるぞー(棒)

僕が失恋をきっかけにたどり着いた結論は、今を自分のものにするということでした。

時間に身を任せるのではなく、僕自身で今という時間を使ってやるんだという決意です。

そうしないと、未来の僕自身の可能性が、どんどん手からこぼれ落ちていってしまうような感覚に陥ってしまう、そんな気がしました。これは怖い。

僕はこれから走り続けます。僕自身の世界を、誰かの世界を変えられるような人間になりたいです。

この僕の結論が、どこかの誰かの人生を変えるキッカケになってくれたらいいなと思います。

 

このブログを読んで少しでも良かったなぁって思った方は、ぜひ読者になるボタンをクリックお願いします。またコメントもお待ちしております!

それではまた次回お会いしましょう!