今日僕は彼女にフラれた。

彼女にフラれた惨めな男が自分磨きに奮闘するブログ

人間って実は脆くて、弱い生き物だなと実感しちゃった。【自分磨き】

こんにちは。さくらいです。

物置と化していた実家の自分の部屋を片付けていたところなかなか終わらず、2日間も更新が止まってしまいました。。。

くやしい!!

しかも昨日に関してはブログも書かずに幼馴染と夜中に食事に行く始末。やっちまった〜。

でもその幼馴染との食事の際に気付いたことがあるんです。

それは、人間って脆くて、弱いんだなぁってこと。

どういう流れで気付いたのか、今日はそれをお話できればと思います。

人間って本当は脆い。1人では生きていけない。

脆い

ものすごく自信に溢れていても、余裕がある生活をしていたとしても、それってただの外側で、人間の内側ってひどく脆いものだと思っています。

自分自身がそうでした。僕は強く生きていける人間だっていう根拠の無い自信が、どこからともなく湧いていたんです。

その自信が失恋によって崩れ去って、そんな僕を見て言った幼馴染が一言。

「お前がこんなに落ちるなんて、ほんと何があるかわからないね。」

いやぁ、本当にその通り。僕自身、こんなに落ちるなんて想像もしていなかったし、心の底からびっくりしてるよ。

僕の場合、失恋がきっかけでこうなりましたが、様々な要因で自信を失い、下手したら死んでしまう人がいます。

 

話がちょっと飛びますが、調べてみると2018年は20,835人の方が自殺で亡くなっているそうです。(警察庁調べ)

えっ。2万人ってどのくらいだ?ピンと来ない方のために365で割ってみると、1日に57人の方が自殺で亡くなっている計算になります。現代のこの日本においてです。

それだけの人たちが、生きる希望を失い、そして死という選択肢を選んでしまうんです。

この選択が悪いと言っているわけではありません。ただ、きっと生きていれば良いことがあっただろうにと、いたたまれない気持ちになってしまいます。

 

話を戻して、どうしても1人で考え込むと悪い方へ悪い方へと思考が進んでしまいます。そうなるともう自分自身ではどうしようもできないんですよね。それが人間なんです。

そうなった時に支えてくれるのが、家族や友人といったような、話を聞いてくれる人たちです。僕もかなり助けられました。

僕は彼女と別れた次の日から、5日間連続で過去の友人たちと飲みまくりました。

別れたことを伝えて慰めてもらったり、過去の話で盛り上がったりするうちに、どんどん気持ちが落ち着いていくんですよね。ここで初めて、吐き出すことって大事なんだと気付きました。

でも自分の負の感情を吐き出すっていうのは、聞いてる側にも負担になると思うんです。でも聞いてくれる。あぁ、、、支えられてんなぁって心の底から思いました。5年半一緒にいた彼女はもういないけど、こいつらがいれば生きていけるなって。

結局誰かに支えられて、支えて生きてんだ

繋がる

結局、1人でいる人間は脆いんです。誰かと繋がっていないと生きていけないんです。

1人で考えても先は見えてこないし、上手くいかない。そんなもんです。弱い生き物なんですよ人間なんて。

誰かに支えてもらわないと生きていけないから、家族や友人に頼っていいんです。もしそういった存在がいない場合は、リアルじゃなくてネットの人間でもいいと思います。

誰かに支えてもらえれば、回り回って誰かを支えていることにもなります。

何かに落ち込んでいる方、誰かに頼って支えてもらうことを格好悪いなんて思わないでください。気楽に吐き出しましょう。このブログを読んで、少しでも誰かの支えになれればなと思います。

 

あ。今日お話した内容って、ミスチルの「風と星とメビウスの輪」の歌詞に共通する部分があるなーって思った。

よかったら聴いてみてください。笑

 

このブログを読んで少しでも良かったなぁって思った方は、ぜひ読者になるボタンをクリックお願いします。また、コメントもお待ちしております!

それではまた次回お会いしましょう!