今日僕は彼女にフラれた。

彼女にフラれた惨めな男が自分磨きに奮闘するブログ

自分をフッた相手が聞いていて欲しい曲を紹介します【失恋】【別の人の彼女になったよ】

こんにちは。さくらいです。

今日でフラれてから20日目。だんだん前向きになってきて、体も比較的動くようになってきました。映画やドラマ、MVを見まくって現実逃避ができたおかげだと思っています。笑

そんな現実逃避中にたまたま見つけた曲がとんでもない。

フラれた方は相手に聴いていて欲しい曲ナンバーワンです。

ということで今日は、その見つけた曲をご紹介したいと思います。

別の人の彼女になったよ / wacci

別の人の彼女になったよ

引用:https://youtu.be/szFhwZ52NyY

wacciというアーティストの「別の人の彼女になったよ」という曲。タイトルからもうパンチがあってバッドな気持ちになります。笑

YouTubeにあるMVは、ショートバージョンが80万再生超え、フルが3月17日に公開されて3月27日現時点で34万再生となっています。結構再生されてる。

1番は淡々と現実を述べる

過去の恋人に対して歌った曲で、今付き合っている彼と過去の彼を比較しながら歌が進んでいきます。

1番は、別の人の彼女になったという現実と、今の彼と過去の彼の違いを淡々と歌います。

別の人の彼女になったよ

今度はあなたみたいに映画見てても私より泣いてることなんてないし

どんなことにも詳しくて 本当に尊敬できる人なの 

出典:wacci / 別の人の彼女になったよ / 作詞作曲:橋口洋平 

だからもう会えないや ごめんね

だからもう会えないや ごめんね

あなたも早くなってね

別の人の彼氏に

出典:wacci / 別の人の彼女になったよ / 作詞作曲:橋口洋平 

 今はもう別の彼氏がいて、過去の彼氏(あなた)と比べるとこんなにも違うんだ。こんなにも素晴らしい人なんだ。だからもうあなたには会えないよ。ってことです。

淡々としている歌詞だからこそ、本当にそう思っていて、ちょっと冷たさも感じてしまいます。そして彼女はもう、前に進んでいるように見えますね。

2番では過去を思い出し、そして気づく

過去の彼と今の彼を比較しながら、過去の気持ちがふつふつと湧いて出てくる様子が見て取れます。

別の人の彼女になったよ

あなたの時みたいにすっぴんだって笑っていられる私ではなくて

一生懸命お洒落して なるべくちゃんとしてるの

出典:wacci / 別の人の彼女になったよ / 作詞作曲:橋口洋平 

 

夢とか希望とかを 語ることを嫌って

ちゃんと現実をね 見つめていて

正しいことだけしか 言わないから

ずっとさらけ出せず おとなしくしてるの

出典:wacci / 別の人の彼女になったよ / 作詞作曲:橋口洋平 

 今の彼氏は素敵だけど、過去の彼氏(あなた)と比べると「大人」で、あなたの方が私は自然だったんじゃないか。楽しかったな。と気付いていきます。

そしてラストのサビで一気に感情が爆発します。

ラストサビで感情が爆発、でも忘れなきゃいけない

だからもう会いたいや ごめんね

だからもう会いたいな ずるいね

あなたも早くなってね 別の人の彼氏に

私が電話をしちゃう前に 

出典:wacci / 別の人の彼女になったよ / 作詞作曲:橋口洋平

今まで理性で保っていた感情が、比較することで一気に爆発しています。

会ってはいけない、けど会いたい。過去の楽しかった時間に戻りたい。戻ることはできないのに。

今更気付いても遅いのに、ここで初めて後悔している様子が伺えます。

でも忘れなきゃいけないから、早く別の人の彼氏になって欲しいという、身勝手で儚い気持ちが伝わってきます。

こっちはいつでもいいのにね

悲しい

なんか、、、フッた人の気持ちがリアルに伝わってくる歌詞ですよね。笑

フラれた側はいつでも受け入れる体制できてるから、いつでも連絡してくれよって感じなのに。置いて勝手に前進んでんじゃねぇよって感じです。笑

この曲、フラれた側からすると相手に聴いていて欲しい曲ナンバーワンじゃないですか?実際はこんな気持ちになっていないかもしれないけど、こう思っていて欲しいなって思える歌詞です。せつねぇぇぇ。

「別の人の彼女になったよ」を聴きながら、少しだけこんな淡い期待を抱きながら、僕自身も前に進んで成長していきたいと思いました。

1年後はどうなっているかわからない。まだ彼女のことが好きかもしれないし、もしかしたらもっと素敵な女性に出会っているかもしれない。

そういう希望を胸に抱きながら、頑張っていこうと思います。

僕は失恋した方の、少しでも前に向けるきっかけになれたら嬉しいです。

 

このブログを読んで少しでも良かったなぁって思った方は、ぜひ読者になるボタンをクリックお願いします。またコメントもお待ちしております!

それではまた次回お会いしましょう!